飲む日焼け止めっていったい

最近飲む日焼け止めなるものが出回っているようだ。固定概念として、日焼け止めは塗るものというイメージしかないが、実際のところ飲むタイプというのは、本当に大丈夫なのだろうか?

 

塗るタイプは、体に塗ることでバリア機能が出来上がっているのが容易に想像できるが、飲む日焼け止めは、紫外線に対するバリアというものがイメージできず、いかにしてブロックしているのか想像しがたいものである。

 

しかし、飲む日焼け止めのヘリオケアという商品は、世界の皮膚科学会が開発した商品で、皮膚科医からも推奨されているものであるので、実際に紫外線をブロックする効果はあるのだろう。

 

その仕組みは、ブロックするとうい概念ではなく、侵入した紫外線に対し無効化させるというものである。そもそもの塗るタイプとは発想が違うのである。そのため、UVBによる肌表面に対するブロック機能というのは、あまり強いものではないらしい。

 

しかし、美容グッズというものは、想像を超える発展を常に遂げているように感じる。それもこれもやはり人間の美に対する欲求が強いということの現れなのだろう・・・。

 

しかし本当の美とは、人間的美しさであって、表面的なものではなく内面的な美を磨くことが重要ではないかと思います。